そば打ちの現状カテゴリの記事一覧

そば打ちの現状

そば打ちをしっかり覚えたい人にとっては、楽しみでもある「苦労のしどころ」をいえそばに横取りされてしまうようにも感じるかも知れません。
しかし、道具をそろえてみたものの『上達しない』とか『時間がかかる』といった理由で、途中で諦めてしまう人が多いことを思えば、いえそばそば打ち入門者がそば打ちの面白さを実感してステップアップするまでのアイテムとしては最適だと思います。

現在そば打ちを大人の趣味として広めようという動きは活発です。
埼玉県内のそば打ち愛好家団体でつくるNPO法人そばネット埼玉は、2月18日、第1回手打ちそばアカデミーinさいたまを開きました。
食文化史研究家の永山久夫氏の講演やそば打ち技術交流会も開かれています。
各地にこうしたそば打ち愛好家団体があり、そば打ちを始めたい人にとっては頼れる相談窓口になっているのです。
全国組織としては全国麺類文化地域間交流推進協議会(全麺協)とうものが結成されています。

また、そば打ちには全麺協が認定する「素人そば打ち段位認定制度」があります。
各地の愛好者団体が開く段位認定会は、同好の人と出会うチャンスともなっている上、段位は技術を磨く励みにもなっています。
いえそばが普及すれば全国にそば打ちファンが急増するかもしれません。
そう考えればいえそばは、途絶えかけている日本の伝統の技術を復興させる素晴らしいアイテムとなりうるかもしれません。

このいえそばの発売予定日は2007年10月。
定価は13125円予定です。
年越しそばの季節が近づけば売り切れは必至だと思うので、いえそばが欲しい人は予約するなどして早めに入手するのがいいかと思います。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。